学校法人 大妻学院

お知らせ - 2015年度

  • 受け継がれる大妻コタカの教え 広島・甲山中の生徒ら来校

甲山中 講演の様子

大妻学院創立者・大妻コタカの出身地である広島県世羅郡世羅町(旧三川村)の世羅町立甲山中学校の2年生44人が、引率の先生5人とともに、2泊3日の修学旅行の2日目を利用して、1月20日(水)に大妻女子大学千代田キャンパスを訪れました。

大妻コタカは、これまでの女子教育や世羅町の子女教育などの業績が顕彰されて、2002年に同町名誉町民になっており、同中学校の生徒の皆さんは毎年本学に立ち寄っています。


生徒の皆さんは、本館11階に設置されている大妻コタカの祭壇に向かってお参りをした後、地下1階の講義室で、本学博物館の真家和生教授から、「大妻コタカは、言ったことは責任を持って必ず実行する『有言実行』を守っていました。みなさんも『有言実行』を心がけるようにしてください」という大妻コタカにまつわる話を聴きました。


その後、本学博物館へ移動し、大妻コタカが晩年を過ごした居室の一部や常設展示「大妻コタカの生涯と大妻教育」、特別展示「大妻学校開学の原点<手芸>」を見学。最後に、静寂な大妻講堂のパイプオルガン前で全員の記念撮影を行いました。


甲山中学校 来校の様子

左からお参りの様子、博物館、大妻講堂


記念撮影の後、生徒代表からお礼のあいさつが述べられ、見学が無事終了しました。(文・写真提供:総務グループ唐崎秀芳)

PAGE TOP
  • 大妻女子大学・短大・大学院
  • 大妻中学高等学校
  • 大妻多摩中学高等学校
  • 大妻中野中学高等学校
  • 大妻嵐山中学高等学校