学校法人 大妻学院

お知らせ - 2013年度

  • 大妻コタカ物語の英語版が完成しました

表紙画像 大妻学院創立者、大妻コタカの生涯を漫画で描いた『教えの道をひとすじに 大妻コタカ物語』(著者・北見けんいち、原作・小島夕、監修・大妻学院。2012年3月発行。非売品)の英語版『An Educator for Life: Kotaka Otsuma Tells Her Story』が完成しました=写真右

 海外の教育機関や本学への留学を希望する学生・生徒などへ、漫画をとおしてわかりやすく本学院の歴史を紹介するツールとして活用が見込まれているこの英語版。編集責任者として制作に深く携わった大妻女子大学国際センターの服部孝彦教授に話を聞きました。

海外の方が気楽に創立者に触れる資料として

 日本語で縦書きされた漫画の英語版を制作するにあたり、翻訳以外にもさまざまな問題に直面しました。例えば、縦に書かれた和書は右開きですが、洋書は左開き。単純に右開きを左開きにすると、右利きの登場人物は全て左利きになり、事実と異なってしまいます。編集担当者たちで最近の漫画の英訳版をいろいろと調べ、議論を重ねた結果、原作を尊重して英語版でもContents(目次)・Afterword(あとがき)・Chronology(年譜)以外は右開きのままで、右ページから左ページへと読み進める構成にしました。右ページから左ページへと読み進めることは、Foreword(まえがき)で明記しています。

中ページ 原作の吹き出しは、縦書きの日本語のセリフが入る大きさでできているため、横書きの英語にはスペースが適さないものが多くありました。翻訳で何とか対応しようとしたのですが限界がありますので、北見先生に確認しながら、原作の漫画のサイズを変えて吹き出しの大きさを横書き用に対応できるよう工夫しました=写真左
 その他、さまざまな問題点を克服しながら完成したのが『An Educator for Life: Kotaka Otsuma Tells Her Story』です。翻訳者、編集者、大妻学院総務グループの素晴らしいチームワークがあったからこそ、企画から完成まで1年半という、この種の本としては短い期間で完成することができました。

 英語で書かれたこの漫画が、海外の人たちに気楽な気持ちで大妻コタカと大妻学院を知ってもらう資料になればと願っています。必要な場合は国際センターにご連絡ください。(国際センター・服部孝彦)

PAGE TOP
  • 大妻女子大学・短大・大学院
  • 大妻中学高等学校
  • 大妻多摩中学高等学校
  • 大妻中野中学高等学校
  • 大妻嵐山中学高等学校