学校法人 大妻学院

お知らせ - 2013年度

  • 創立者出生の地からお客様 奥田世羅町長来校

花村理事長と奥田町長 大妻学院創立者・大妻コタカ出生の地、広島県世羅町の奥田正和町長らが4月23日正午過ぎに千代田キャンパスを表敬訪問し、大妻博物館などを見学した後、花村邦昭本学理事長と懇談しました。〔写真は花村理事長(左)と奥田町長
 町長が「世羅町を舞台とした大妻コタカのテレビドラマ化を実現させたい。ぜひお力添えいただきたい」と話すと、理事長は「取り上げられるためには背景やストーリーづくりが大切。男女共同参画を積極的に推し進める世羅町と大妻コタカの女性教育を結び付けて、メディアに働きかけては」などとアドバイス。その他にも創立者を軸に、「生誕130年記念イベントを町で行う」「夫・良馬の祖先がまつられている大妻神社の所在地、長野県松本市と世羅町が提携して夫婦都市となるのはどうでしょう」など活発な意見交換が30分にわたって行われました。

 来校したのは町長のほか石田裕靖・世羅町企画課長、正田一志・同企画開発係長、望月徹・広島県東京事務所次長の計4人。訪問の記念として世羅町から本学へ、同町名産のワイン2本が贈られ、本学からは創立者の生涯をマンガ化した『教えの道をひとすじに 大妻コタカ物語』(絵・北見けんいち)、理事長の著書『大妻コタカ 母の原像』(ランダムハウス講談社)、大妻のロゴ入り風呂敷などが贈られました。

 世羅町は2004年に甲山・世羅・世羅西3町が合併して誕生し、奥田町長は2012年10月末に3期目町長として就任しました。大妻コタカが同町の子女育成に大きく寄与して2002年に名誉町民となったご縁もあり、2012年8月には山口前町長が来校、修学旅行の折には世羅町立甲山中学校のみなさんも本学に立ち寄ってくださいます。

懇談風景 博物館見学

理事長室での懇談(左)と、大妻博物館見学の様子

PAGE TOP
  • 大妻女子大学・短大・大学院
  • 大妻中学高等学校
  • 大妻多摩中学高等学校
  • 大妻中野中学高等学校
  • 大妻嵐山中学高等学校