学校法人 大妻学院

お知らせ - 2012年度

  • 町の大先輩を訪ねて 広島・甲山中のみなさん来校

集合写真 大妻学院創立者・大妻コタカの出身地である広島県世羅郡世羅町(旧三川村)の世羅町立甲山中学校のみなさんが、2泊3日の東京・修学旅行の合間を縫って、初日の1月23日の正午過ぎに大妻女子大学千代田キャンパスを訪れました。来校したのは2年生50人と引率の只野善信校長を含む6人の先生方。
 生徒たちは「町の大先輩について勉強させてください」とあいさつし、講堂で大妻コタカと世羅町のゆかりについて説明を受け、博物館や記念室などの校内施設を見学しました。  〔写真は記念室で、只野校長(後列右端)と甲山中のみなさん

 1884年、三川村に生まれた大妻コタカは1902年に上京した後、大妻学院を創立して日本における女子教育界の草分け的存在となりますが、母校川尻尋常小学校の代用教員や甲山町立高等技芸学校校長を務めるなど地方の子女育成にも力を注ぎ、それらの業績が顕彰されて2002年に世羅町名誉町民となりました。そんなご縁から甲山中学校のみなさんは大妻コタカを慕って修学旅行の折に本学に立ち寄ってくださいます。

博物館

博物館で展示品の説明を受けるみなさん

PAGE TOP
  • 大妻女子大学・短大・大学院
  • 大妻中学高等学校
  • 大妻多摩中学高等学校
  • 大妻中野中学高等学校
  • 大妻嵐山中学高等学校