学校法人 大妻学院

お知らせ - 2008年度

  • 大妻学院創立100周年記念 ドナルド・キーン氏の学術講演会

講演中のキーン氏 10月18日(土)、大妻学院創立100周年学術記念講演会が千代田キャンパスの大妻講堂で開かれ、日本文学研究家・コロンビア大学名誉教授のドナルド・キーン氏の話に約800名の聴衆が耳を傾けました。

 熊木教授(短期大学部長)の進行のもと、佐野理事長の挨拶に続き、ドナルド・キーン氏から「日本文化と女性」と題し、講演が始まりました。

 キーン氏は、女性が日本文化に影響を与えた最初の例として平安朝の女流文学を取り上げ、「日本文学のなかでも高く評価されている源氏物語や枕草子は平安朝に書かれた。女性が持つ能力は、文学の世界では早い時代から発揮されており、これは世界でも例を見ないことです」と先進性を紹介。また、小説や浄瑠璃・文楽の一節や、ご自身の体験談を交えつつ、「活躍できる場が限られていても、女性は常に日本文化に影響を与えてきたと感じています。特に戦後からは活躍できる場を急速に広げているので、ますます深く関わっていくでしょう」と考えを述べられました。

 20分間の休憩のあと行った質疑応答では、参加者から多数の質問が寄せられたため、やむを得ず質問を8つに絞って回答することに。講演会は、大場学長による閉会の辞で盛会のうちに終了となりました。
 その後、キーン氏は、千代田キャンパス図書館で著書にサインしたあと、「聖徳太子伝」など本学所蔵の貴重資料を見学されました。

 ※ドナルド・キーン氏著書の展示は10月31日(金)まで。自筆サインが入った著書も手にとってご覧いただけます。


(広報戦略室)

PAGE TOP
  • 大妻女子大学・短大・大学院
  • 大妻中学高等学校
  • 大妻多摩中学高等学校
  • 大妻中野中学高等学校
  • 大妻嵐山中学高等学校