学校法人 大妻学院

お知らせ - 2008年度

  • 大妻コタカ先生胸像の贈呈・除幕式が行われました

大妻コタカ先生の胸像 財団法人 大妻コタカ記念会から学校法人 大妻学院に、創立者・大妻コタカ先生の胸像が寄贈され、10月15日(水)、多摩キャンパスの学園通りで贈呈・除幕式が行われました。

 大妻学院100周年を記念して制作された胸像は、40歳代のコタカ先生をモデルにした、高さ95㎝のブロンズ製で、生前、かわいがっておられた猫が寄り添っています。作者は、彫刻家・東京芸術大学大学院文化財保存学教授の籔内佐斗司(やぶうち・さとし)氏です。

除幕の儀を行った6名 除幕は、教職員参列のもと、大妻コタカ記念会の長岡会長、石井副会長、中里副会長と、大妻学院の佐野理事長、大場学長、花村常任理事によって行われました。

 多摩キャンパス訪問の際は、ぜひご覧ください。



(写真提供:管財グループ、文:広報戦略室・井上)

PAGE TOP
  • 大妻女子大学・短大・大学院
  • 大妻中学高等学校
  • 大妻多摩中学高等学校
  • 大妻中野中学高等学校
  • 大妻嵐山中学高等学校